コレクション: 腕時計 レディース 革ベルト

革ベルトの特長

腕時計の革ベルトは、革の種類やカラーが豊富なため、仕事などのビジネスシーンや普段使いなど幅広いシーンで使えます。

1万円や2万円など5万円以下で購入できる安いブランドから、日本を代表する国内ブランドのセイコー、カルティエなど海外のハイブランドまで、実に多くの腕時計ブランドが革ベルトを採用しています。

10代・20代・30代・40代以上の高校生などの学生の方、子育て中のママさんや社会人の方など、さまざまな方たちに人気がある腕時計ベルトです。

誕生日・就職祝いなどのギフトアイテムとしても人気が高く、婚約や結婚記念日のお祝いにペアウォッチとして革ベルトの腕時計を選ばれるカップルもいます。

汗や水に弱く定期的なお手入れが必要な反面、使い込むうちになめらかに馴染むレザー製品ならではの風合いが楽しめます。

革の種類

腕時計の革ベルトには、一般的にカウレザー(牛革)が使われています。

その他、牛革以外で使われることが多い革の種類はこちら。

  • カーフレザー
  • コードバン
  • クロコダイル
  • オーストリッチ


高級腕時計には、クロコダイルやオーストリッチなどのレザーが使われています。
ベルトカラー

革ベルトは、多種多様な染色加工ができるため、カラーバリエーションが豊富。

【ベルトカラーの種類】

  • ブラック
  • ホワイト
  • ブラウン
  • ピンク
  • ブルー
  • レッド
  • ワインレッド
  • パープル
  • グリーン
  • イエロー
  • グレー
  • ネイビー 


ベーシックカラー以外にも、個性的な色があるのも特長の一つです。

かわいいスタイルやかっこいいスタイル、きれいめ・クラシック・シンプルなど。
なりたい雰囲気や洋服のコーディネートに合わせてベルトカラーが選べるため、おしゃれの幅も広がります。

ベルト色の選び方

革ベルトのカラーの選び方は、腕時計を使う目的に合わせて選ぶのがオススメです。

ビジネスやフォーマルなどの場面では、マナーを順守したベルトカラーを選びましょう。

ベルト交換時に押さえておくポイント

革ベルトのいいところは、金属ベルトと違ってベルト交換がしやすいこと。
必要な工具さえ揃えてしまえば、いつでもカンタンに自分で付け替えができます。

ですが忘れてはいけないのは、腕時計ベルト交換前に腕時計ケースのラグ幅を測ることです。

腕時計ケースのラグとは、ケース本体とベルトをつなぐ2本の爪のような部位を指します。
レディース腕時計なら、8mm~15mmくらいが一般的なサイズとされています。

ベルト交換時は、ラグ幅にケースのラグ幅に合ったベルトを用意しましょう。

腕時計は文字盤カラーの印象だけでなく、ベルトの選び方によっても印象が変わります。

金属ベルトや革ベルトなど素材の違いもあるため、自分にあったベルト選びが大切。

こちらの記事では、アンケート調査「革ベルト・金属ベルト、どちらの方が人気?」の結果から判明した人気のベルト素材をはじめ、各ベルト素材のメリット・デメリットを具体的に紹介しています。

ベルト選びにも失敗したくない方は、ぜひこちらの記事も目を通してみてくださいね。

腕時計は革ベルト金属ベルトどちらが人気?アンケート調査でわかった結果は…

 

絞り込み:

出品状況
0個を選択済み リセット
価格
最高価格は¥12,800です リセット
¥
¥

4個の商品

絞り込みと並び替え

絞り込みと並び替え

4個の商品の4

出品状況
価格

最高価格は¥12,800です

¥
¥

4個の商品